2011年12月29日

獣の現状と希望

一寸先は闇で、3日先も闇だということが分かったという事を書いた。

「みそかは闇と決まっているであろうがな」
(日月神示)

だが、4日先(元旦)は闇が晴れることも分かったという事も書いた。

「闇のあとには夜明け来る。神は見通しざから、心配するな」

「新しき御代の始めの辰の年、あれ出でましぬ隠れいし神」

「新しき御代の始めの辰の年、スメ大神の生れ出で給ひぬ。
辰の年はよき年となりているのざぞ、早う洗濯してくれよ」


img_832833_8949659_207.jpg

エササニ王子からもメールが届き、
正月前後の3日間は「暗黒の期間」になるという事だった。
暗黒が何を意味するかは分からないが、
人間の表面意識で知覚できない「闇のエネルギー」だろう。

「あれ出でましぬ隠れいし神」とは、
艮の金神(辰)が封印から解かれる事を暗示している。
だが、これにはもっと深い意味がある。
獣は実家に住んで艮の部屋に隔離されたが、
寅年が終わって弟と部屋をチェンジする事になった。
で、今年の3月頃に引っ越しの目処が立って準備を進めていたのだが、
度重なる弟の妨害によって収入源を断たれ、
少しばかりの負債も抱えて世界征服への実行開始が延期となった。

untitledn.bmp

それはさて置き、「石の上にも三年」という言葉がある。
聖母の救済も済んでいないので、
来年の6月までは実家に住む事になるのだろうと覚悟を決めた。
だが、次の正月からは、艮の部屋に戻るという気がしていた。

艮の部屋に戻りたいのか、戻るべきなのか…理由は分からないが、
「あれ出でましぬ隠れいし神」と連動して艮の部屋に戻ることを予見していた。
それで、年末の間に部屋の荷物を少しずつ移動させようと思ったが、
弟の許可なく勝手には出来ない。
弟にメールしようと思ったが、体調がまた完全に回復していないので、
「今年中にやれ」という返事が来ても困る(笑)

20091116_868415.jpg

弟が帰って来たら、正月に部屋チェンジの提案しようと思っているが、
恐らく弟の方から言ってくるので、獣から言い出す必要はないだろう。
下手に話しかけると牙を向けてくるので、触らぬ神に祟りなし……。
とりあえず、まだ頭の芯が痛むので、
出血しているのかも知れないという事を書いたが、
聖母が頭を打っていないのに、
頭頂部が腫れてカサブタが出来ていたのも不思議である。

すぐに完治すると思っていたので今まで書かなかったが、
肩から首にかけての凝りを治してもすぐに凝り、
目を瞑るとグルングンルと小刻みに目眩のような感覚を覚え、
顔の中心に血液が集まるような違和感がある。

vUbL6CeHmayCywmVkqxfIQ.jpg

耳は膜が張ったように聞こえづらくなり、不整脈も始まり、
心臓の鼓動が超高速になった後に一瞬停止する…というのを繰り返している。
頭と顔が圧縮されるような痛みは1日で治ったが、
頬骨と顎関節の痛みは治まらず、何故か奥歯まで痛くなってきた(笑)
本当に脳梗塞がどうかは分からないが、
聖母が生きるか死ぬかという病気をすると予言されており、
獣がそれを肩代わりしている状態である。
いずれにしても、ただ事ではない異変が起きているのは確かである。

昨日、倒れる夢を見た。
獣は女性と話をしていたのだが、
立ち上がった瞬間に視界が灰色になって意識が薄れてきた。
今まで何度も貧血で立ちくらみを経験しているが、この時はまた違った感じで、
獣は夢の中で「ヤバイ!ヤバイ!」と叫んで、そのまま前に倒れて意識を失った。
と同時に夢から覚め、起きて受信メールを見ると、知人の夢に獣が現れたという。
獣は女の人と一緒で、足元しかなく、何故か不吉な予感がしたという。
やはり、獣が聖母の病気を受けているのではないかとの事だった。

FunnyCams_1293486641695.png

獣は超人なので、後遺症なく完治するのは分かっているので心配は要らないが、
この症状は受け入れるべき使命だと感じている。
年末年始は安静に過ごすつもりだが、毎日死ぬ覚悟で生きていると、
ブログ更新を休む事が出来ない(笑)

神霊術やヒーリングなどでの自己治療をせずに「あるがまま」で生活しているが、
少し心配なので、今日は超強力神経波磁力線をずっと当てていた。
詳細は改めて紹介するが、これも獣の推奨アイテムの1つである。

CAQIHDFP.jpg

もし死んだとしても、今年は最高の年だったので、
個人的には思い残す事はない。
フォグさん、鬼将軍、メンマ、その他数名から、
獣と会って最高の思い出が出来たと言われ、
最期にエササニ王子とも邂逅を果たせた。

叶えたかった夢も沢山あるが、
霊界では簡単に実現するので未練も執着もない(笑)
世界征服も、獣が他界しても100%実現する事が分かっている。
ただ、アセンションを体験したかった事だけが少し未練かも知れない。

kadokawa5.jpg

だが、獣は死にそうになっても復活する事が、
「ヨハネの黙示録」に予言されている。

「わたしはまた、一匹の獣が海から上って来るのを見た。
それには角が十本、頭が七つあり……
竜は自分の力と位と大いなる権威とを、この獣に与えた。
その頭の一つが死ぬ程の傷を受けたが、その致命的な傷も治ってしまった」


t02200293_0450060010639191581.jpg

新しき御代(2012年)の始めの辰の年、
あれ出でましぬ隠れいし神(辰=竜)であるルシファーの力によって、
獣は復活する……というよりも、
「その致命的な傷も治ってしまった」と過去完了型で書かれている。

獣は実相の完全体しか観ていないので、治そうとする必要はなく、
むしろ、治そうという思いを持っている限りは治らない。
「治さずして治す」という事を示して、21世紀型成功哲学の正当性を立証したい。
いや、既に立証している事を、3次元の現象界で再現するだけである。

101222_0251_02.jpg

では、頭が7つあるというのは、一体どういうことなのか……。

『自分ひとりでは変われないあなたへ』の中で、
もりけん氏は次のように述べている。

「どこにも行く必要はありません」
そんな声が聞こえたような気がしました。
私はいままでに何度かこの声を聞きました。
会社をやめた日、不思議研究所を作ろうと思った日。
また感情の声が聞こえました。
どこにも行く必要はない?
「考えてみればその通りです」
私は自分自身に話しかけました。
まるで自分の頭が2つあるような感じです。
頭が2つ……そう言えば孫さんはつい最近、こんなことを言いました。
「私と何度か会っている間に、森田さんは頭が一つ増えました。
私から見ると森田さんは頭が2つ、目は2組、鼻は2つあります。
なんと耳だけは6つあります」
私は孫さんに聞きました。
「増えることはいいことなんですか?」
「もちろんです。頭が増えればそれだけ同時にものを考えることが出来ます。
もう一つの頭は上の次元にありますから、
そっちの世界と下の世界を合成して考える事が出来ます。
目が増えるということは、増えた目は上の次元にありますから、
一つ上の世界と今の世界を合成して見ることが出来ます。
耳が増えるということはより多くの情報を直感的に得ることが出来ます」


hyakume2.jpg

獣はバイトに行こうとすると
「どこにも行く必要はありません」と聞えてくる(笑)
2年半前から、そのようなメッセージを外応で見せられ続け、
この半年間でも5人にバイトに行く事を止められた。
それでも年末は短期で行こうと思っていると、この有り様である。

img_1592535_52307299_0.jpg

さて、速聴は最低19の潜在能力を開発するスーパー全脳活性法で、
脳波を覚醒シータ支配にすることで飛躍的に成果が増大するという。
自分で言うのも何だが、小学校の頃からIQが人並み外れて高く、
15歳の頃からアルファシータを使用し、22歳の頃から速聴を続けてきた。
http://messiah666.seesaa.net/article/190102801.html
http://messiah666.seesaa.net/article/189667621.html

高速大量記憶と情報処理能力、そして、同時に沢山の事を考えながら
同時に複数の作業をしたり出来るので、頭が7つあっても不思議ではない。

もし、獣が7つ頭だったとしたら、まさに「黙示録の獣」である。
「7つ頭は別の何かの象徴だ」と言うなら、
それも何かと関連づけて当てはめる事が出来る(笑)

Cause-Of-Brain-Strokes.jpg

熱海断食道場の牧内泰道氏によると、「34」はラッキーナンバーだという。
先月、獣は34歳になったが、3+4=「7」となる。
更に、黙示録によれば、獣に権威を与えるのが竜で、
その竜(辰)がこの闇の後に復活するするのだ。

竜は「ルシファー」、獣は「反キリスト」であり、
来年は獣の時代の幕開けだと思っている。
だが、まだ本格的な始まりではない。
始まりの「型」であり、ウォーミングアップのようなものである。

PF_26122010123652481.jpg

今年の抱負は「5次元突破」だったが、まだ今年は終わっていないので、
これからどうなるか楽しみである。
「今ココ」から離れてしまうが、来年の抱負も楽しみである(笑)

ちなみに、さっき弟が帰って来て、「また部屋を代わってくれ」と言われた。
嘘だと思うかも知れないが、正真正銘の実話である。
posted by ZERO at 23:09| Comment(7) | スピリチュアル日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かつてないほどの傷のようですね。
僕もいつ死んでも良い様に書きますが、
本当に今年は閣下とお会い出来て最高の一年でしたね^^
あの京都での祇園を超える良き思い出は無いですね(笑)
僕にとっては2011年は修羅でしたが、
やはり、閣下は「光」ですね^^
Posted by 真薩供 at 2011年12月30日 00:54
閣下(;o;)
あなたのいない世界でわたしは生きていけません。
閣下がいるから、まじめに明るく仕事できるのです。
あなたがいるから、ご飯に感謝できます。
最高の思い出って、そんなものじゃないです。
あなたがいるから、自分が意味のある存在だと感じられるのですから。

わたしも奇妙な体調です。
仕事には行けるのですが・・・
閣下とシンクロしているのかもしれません。
それとも、わたしに降りかかる災いを、閣下がかばってくれているのかもしれません。
Posted by フォグストロン at 2011年12月30日 01:18
残念ながら?幸いにも?
日月神示に書かれている通り、借銭済ましが済んでいないので、まだ死ねそうにありません(笑)

来年の祇園祭は今年を超えるものになりますよ!
来年の獣は今年以上にパワーUPしていると思います^^
Posted by 獣 at 2011年12月30日 08:06
よかったわ^^
今年もあと1日ですね。
みなさま〜、お世話になりました〜(笑)
Posted by フォグストロン at 2011年12月30日 11:44
おそらく、家系の借銭済ましでしょうね。
次元上昇の影響でカルマの現象が早くなっていると推測します。

洗心、洗心、洗心、洗心、洗心、
素戔嗚大神、祓い給え、清め給え
素戔嗚大神、祓い給え、清め給え
素戔嗚大神、祓い給え、清め給え
Posted by 小川 at 2011年12月31日 16:19
小川さん、明けましておめでとうございます^^
洗心、洗心、洗心、洗心、洗心、
洗心、洗心、洗心、洗心、洗心、
洗心、洗心、洗心、洗心、洗心、
洗心、洗心、洗心、洗心、洗心、
Posted by 獣 at 2012年01月01日 03:58
あ け お め 

地震、大きかったよ。
エササニ皇子の予言思い出したよ。
新年早々の揺れ始め・・・
これくらいで済みそうですか?
Posted by フォグストロン at 2012年01月01日 14:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。