2012年04月06日

台湾併合による獣の世界支配計画

起きている時に五感で感じる現実の世界(外側の世界)よりも、
寝ている時に見る夢の方が「現実」だということを書いたが、
昨日、超絶に奇怪な悪夢を見た。

森三中の真ん中がゴミ処理場のゴミに埋もれながら
変なオッサンと交尾をしていて、
何故かオッサンが突然、頭から血を流して死亡して、
森三中が「ギャーッ!」と叫んでいた(笑)

005.jpg

森三中なんて5年以上テレビで見ていないし、
日常会話で森三中の話題が最近出たということもない。
なぜ森三中が獣の夢に出てきて、
しかも、そのような訳の分からない夢を見たのか……。
夢占い師の獣自身、解釈不可能である(笑)

ただ、普通の夢とは違って、
ストーリーそのものがサスペンスのドラマ風だった。
ナレーションも入っていて、
その事件がニュースになっている場面もあった。
しかも、なかなかよく出来たドラマで感心したが、
その脚本も獣が作ったということになる。

raDxP80g0Nxwuvuw8rKpJQ.jpg

感動的な映画や素晴らしい文学小説、
面白い漫画や暴力的な映画や漫画などが世の中には沢山あるが、
それも全ては自分が脚本家なのだ。
見聞きする全てのものは、自分が映し出しているからである。

見たいドラマやアニメを見逃して
悔しい想いをした経験は誰でもあると思う。
また、見たいと思っている映画などもあるかも知れない。
だが、それらのストーリーは初めから全て
自分の潜在意識の中にあるものなのだ。

sUP8-DZN02MuJREawB1oyQ.jpg

映画やテレビは皆んなが同じものを見るので、
自分の潜在意識というよりも、
その深層の集合的無意識と言った方が適切だが……。
獣ブログも、実は汝の潜在意識が映し出しているものなのだ。

また、岡本天明が『日月神示』に降りたと言っても、
岡本天明も自分の投影であり、
『日月神示』を降ろした神々も自分の根源的な真我なのだ。

Z29kO3k.jpg

集合的無意識……
これは人類全体のものだが、東洋と西洋に大別できる。
もう少し細分化すると、各国の民族の集合的無意識もある。
日本人には日本人の集合的無意識があり、
中国人には中国人の集合的無意識がある。

アジアの中で孤立した日本が、
アジアを団結させる為にしなければならないことは、
和合の為の闘いである。

untitledgfhj.bmp

「プラスとマイナスと和合せねばならん。
只の和合ではムになって力出んぞ。
今迄の和合のやり方ではならん。喜びの和合。
融け合ふ和合でないと、少しでも曇りありたら和合でないぞ。
こらへこらへてゐるのでは和合でないぞ。
今迄の和合の仕方ではカスあるであらうがな。
悪の和合であるぞ。
神示肚に入れないで御用六ヶ敷いぞ」

(日月神示)

ゼロ磁場を見ても分かる通り、
プラスとマイナスの和合には衝突が必要となる。

planetary_collision.jpg

イエスは「汝の敵を愛せよ」と説き、アリオンは
「不合理な攻撃を受け、自らの(時には他者の)
可能性を守らねばならない状況に陥ったなら戦いなさい」
「相手を愛するが故に攻撃せねばならない、しかも心から」

と説いている。

飛鳥昭雄氏は次のように述べている。

「衝突を避けるような外交は外交ではない。
戦争を避けるなら分かるが、
外交上の衝突を避けるのでは朝鮮半島以下の三流国家だ」

「日本は、そんな韓国と北朝鮮に対し、
いつまでも甘い顔で妥協をつづけることは無い」


ルシファーの復活と日本の核武装問題
http://chyren.seesaa.net/article/124853616.html

120306_0510~01.jpg

コンビニで『日本 中国 韓国の大問題』という本を立ち読みした。

分かりきったことだが、
中国や韓国の言っている事やっている事は無茶苦茶である。
ハッキリ言って、キチガイの極みである。
精神病を患ったチンピラと同じである。
アメリカ最大の正式な精神医療機関「アメリカ精神医学会」は、
韓国や北朝鮮の民族性を、精神病の一種の
「文化結合症候群」として正式に登録しているという。

だが、それも自分の投影なのだ(笑)

1dd13377.jpg

飛鳥昭雄氏は次のように述べている。

「世界の反日感情を拡大している大きな要因が、
韓国にあると言っても過言ではない。
だが、その韓国の反日感情に拍車をかけているのが、
自民党の土下座外交という訳なのだ」

世界の反日感情を拡大する韓国

話をまとめると、日本は中国や韓国や北朝鮮に対して、
愛をもって攻撃すること。
つまり、飛鳥氏の話はもっともだと思うのだが、
外交は一般人には無関係な話である。
また、中国や韓国や北朝鮮に反感を持っている日本人も多い。
そこに問題があるのだ。

01.gif

『日月神示』には次のように示されている。

「いつも気つけてあることざが、神が人を使うているのざぞ。
今度の戦で外国人にもよく分かって、
神様にはかなわん、どうか言うこと聞くから、
夜も昼もなしに神に仕えるから許してくれと申すようになるのざぞ。
それには神の臣民の身魂掃除せなならんのざぞ。
くどいようなれど、一時も早く、一人でも多く改心してくだされよ。
神は急ぐのざぞ」


神が人を使っているのだから、我々がやるべきことは身魂磨きなのだ。

「人が悪く思へたり、悪くうつるのは己が曇りてゐるからぞ」

中国や韓国などが悪く思えるのは、自分の想念が曇っているからなのだ。

20091005_2909179.gif

飛鳥氏は言う。

「日本に問題があるとすれば、歴代の自民党が、
中国、韓国、北朝鮮に土下座外交を続けてきたことだろう」


獣は中国、韓国、北朝鮮に謝罪しろとは言っていない。
それらを映し出している自分の潜在意識に謝罪する必要があるのだ。
ひたすら謝罪することは、真のポジティブへの道である。
高橋信次氏も「反省」を説き続けた。
人間界の常識や道徳を基準にして、
「自分は悪くない」とか「誰が悪い」と考えるのは自我である。
全てを映し出している自分に一切の責任があることを忘れてはならない。

cer0Zs25qLbcE.jpg

内海康満氏は次のように述べている。

「自分が自分の人生を映し出し、世界のすべてを映し出している。
この世にあるもの、この世の現象は全て自分自身の顕れということになる。
自分に関係ないものはこの世には一切ない。
道ですれ違う見知らぬ人も自分が投影しているものであり、
恨んでいる相手でさえ自分の投影であり自分自身なのである。
それに気づく事ができないのは、神なる意識、真我に到達していないからだ。
なぜ意識に到達できないのか。
それは自己が創り出した想念が魂を曇らせているからである」

「不幸に見える現象も、幸せに見える現象も、
すべては神を識るために自分自身が用意したものなのだ。
事故に巻き込まれるなど、他人のせいで起こったように見える事象も、
すべて自分が設定したものだ。
他人の存在自体も自分が創り出し、自分で映し出しているものなのである」

「すべては自分が創り出したものであり、
人生に顕れるあらゆる現象の責任は自分自身にある――
これを人生の根本原理として歩む者は内なる神に近づき、
人生のさまざまな現象の原因を自分以外のものに求める者は、
内なる神から遠ざかる」


untitledn.bmp

中国、北朝鮮、韓国に対して謝罪するのではなく、
自分の潜在意識に向けて謝罪することである。

また、中国、北朝鮮、韓国に対して、感謝する必要がある。

「悪く言われるとメグリ取ってもらえるぞ。
悪く言うとメグリつくるのぢゃ。
悪く云はれるのが結構ぞ。
何と云はれてもびくつくやうな仕組みしてないぞ」


unkai.jpg

日本は悪く言われることで、国のカルマを取ってもらっているのだ。
その反面、中国、北朝鮮、韓国にカルマを作らせていることになる。
それも自分の投影なので、結局は反省と謝罪に行き着くのだ。
「反省と謝罪だけ」や「感謝だけ」ではアンバランスとなるので、
以下の5つの言葉を唱えることが重要となる。

御免なさい 許して下さい 愛してます 有り難う御座います 感謝します

日本人の意識進化が人類を救い、
日本が世界のリーダーとなる……と説く一方で、
アメリカや中国や北朝鮮などを批判する人が多いが、
何をか言わんやである。
だが、その人達やその発言も自分の投影なのだ。
参ったな、コリャ!^^;

title_200902_640.gif

「愛するが故に攻撃せねばならない、しかも心から」
とアリオンは言っているが、その本質を次のように述べている。

「戦いも勝負ごとも、集約すれば己との真剣勝負・己との戦い」

結局、想念界のハルマゲドンである「内観」をすることに尽きるのだ。
もう一点、アジア統一に於いて、親日国の台湾が重要なキーとなる。
それ以前に、我々が台湾に対する認識の持ち方を変える必要がある。
台湾人は非常に親日らしいが、
日本人からすると台湾人も中国人も同じようなイメージである。
それではいけないのだ。

taiwan_nhk_01_a3.jpg

台湾人は日本人よりも日本人の精神を持っていると言われている。
個人的に台湾人と交流はなくても、意識の中で日本と台湾の合体を決定し、
日本人と台湾人の集合的無意識を構築することが先決である。
前ブログにも書いた通りだが、アジアで唯一の日本の味方が台湾である。

また、経綸上、台湾は日本列島(龍体)の一部でもあり、
もともとは琉球古陸で地続きだった。
つまり、台湾は日本の一部であり、
日本と台湾は同じ国だという認識を持つ必要があるということだ。
台湾の大切さを今一度、認識してもらいたいと思う。

お岩さんの田宮家も台湾と関係があるのだろうか……
120402_1119~01.jpg

獣は夢の中で、ブラックメタルの作曲をすることもある。
起きている時には思いもつかない素晴らしい曲で、
歌も各楽器も全て最初から完成した状態で曲が流れているのだが、
これも人間の潜在意識の凄さを思わずにはいられない。

もっとも、人は素晴らしい名曲を聴いて感動したりするが、
それも自分が映し出しているのである。
ベートーベンも自分の投影であり、「運命」の作曲者も自分なのだ。
つまり、我輩はベートーベンであり、汝もベートーベンである!
別にベートーベンに限ったことではないが……(笑)

日本全土を騒がせたゴトーベンも我々の投影である。
c1894c8c69f94cfec29250c25da5904b.jpg

それでは、最近発見した台湾の親日ブラックメタルをお聴き頂きたい。
曲の展開がなかなか素晴らしく、サビが感動的だが、
獣はもっと素晴らしい曲を何曲も夢の中で作ってきた。
だが、残念ながら起きたら忘れる……
というよりもJポップのように単純ではないので憶えきれない……。


posted by ZERO at 15:21| Comment(12) | 獣の世界支配計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
獣さんこんにちは。 余りにも膨大な過去ログをちまちま辿って居るの
ですが、自分は一字一句に意味を見出す性格なので、どうも上手く辿れ
ません。「まだこんだけしか読んでないの?」と思われるくらい、全然
進んで(遡って)いません。 持論を展開したいのですが、「知ってる
わよそのくらい。馬鹿にしないでくれる?」と思われるのも嫌なので、
既に記述されていたのならごめんなさい。
これは私自身が気付いた事柄で誰かの本を読んで写したものでも無いので
同じ意見を書かれている著者なら、それに賛同するという意味でもありま
す。 三種の神器に関する記述です。


三種の神器の隠された本当の意味


日本には三種の神器と言われるものがある。 簡単に言うと「勾玉、
剣、鏡」の事である。 この神器の生まれた経緯や出展、所有者などは
たぶんみなさん知っていると思いますし、ググると出てきますので
敢えてここでは書きません。 私が言いたいのは、この神器に隠された
精神的な意味を秘密を探り、それを人生に活かして欲しいという事で
あります。どの神器にも素晴らしい意味がありますので、それを持って
イザ!と言うときに発揮出来るようにして欲しいと言うことです。
この神器は現実にある物(物品)という感覚で理解してはなりません。
誰もが持ちえるものであって「誰にでも神様になる素質がある」という
ことです。 では、あなたの心眼でこの意味を探っていきましょう。

まずは「勾玉」。
これには色々な意味づけをされておりますが最近
「測量に使われていたのでは?」という見解が示されています。
私が思うには「円を描く道具」として勾玉の尖った部分を地面に突き
刺して、その穴に紐を通して紐の長さを半径とする円を描く道具。
この様子を思い浮かべますと、勾玉を中心に大きな円が描かれて、
あの図形に辿り着きます。 そうです。 日月神示のあのマーク。
丸のなかに点が入るあのマークです。 その点も只の点ではなく
勾玉そっくりの点。こんな感じでしょうか。

http://ecx.images-amazon.com/images/I/41gNyQOoniL.jpg

これは何を意味するかと言うと、やはり「中真・中神・中心」となり
両極を目指すのではなく、中心を目指せという暗示になります。
「自分の心に中心軸を置き、物事を考えよ」という意味になります。
中道理論、中真理論に関してはこのブログでしっかりと書かれていると
思います。 お釈迦様の教義を読むのもいいです。
これを人生に於いて実践出来れば神に近づいていきます。
そうすれば三種の神器の一つであると言うことが実感出来るでしょう。
必ずしも勾玉を身に付ける必要はありません。



続いては「鏡」についての見解を示していきましょう。
もう既に精神界では「鏡の法則」としてたくさんの書物があり、自分
が説明するまでもありませんが、ここに一つ私が前に書いた詩を置い
ておくことにします。


末裔 : 2009/07/16(木) 10:09:12 ID:q7G3jvoJ0

打ち倒すべき竜王の住む場所が目の前にあった

捜し求める青い鳥も実は目の前にいた

竜王と青い鳥が同じ顔でこちらをみつめる

そんなことを思いながら

鏡をみつめてまた家を出る




さて最後に「剣」の説明をしていきたいと思います。
神が使う剣と言いますとそれこそ切れ味が良く、いっぺんに何体もの
人間を真っ二つに出来る剛剣を想像しがちです。
これが精神界の剣になると、特にこの「草薙の剣」ということに
なりますと、少し違った意味合いを持つことになります。
精神界に於ける剣とはズバリ「言霊」のことであります。
私のイメージする言霊の剣で「強い剣」というのは「命令」のことであり
昔の日本はこれに従えない場合、本当に斬られたりします。
精神にバチッとくる言霊によって剣の名称が変わります。
大概が弱点を突き相手を打ち倒す為の道具(言霊)ということに
なりますが、諸刃の剣というのは、言った言霊が自分にそっくり
そのままブーメランのように返って来る剣という事になります。
しかしながら神様の剣は一味も二味も違います。
神様がこの剣を振るわれますと、相手は打ち倒されるのではなく
涙を流すのです。 しかも痛いからとか、悲しいから泣くのではなく
嬉しくて泣き出すのです。 その時に体に伝わる旋律というものは
えもいわれない凄く強烈な稲妻のような響きを持ちます。
「草薙の剣」を別名「アメノムラクモノツルギ」というのは
「精神的に曇って弱り、どうしようもない人に最高の言霊を与え
感激で涙を雨のように流させる雲の中の稲妻のような剣」と、言い換え
る事ができます。 
さてあなたはこの剣を携える事が出来るでしょうか。

ニートなら「働きにいく!」とお母さんに伝えてお母さんが泣き出せば
この剣を振るったことになると私は思いますがw


 



以上、三種の神器についての説明おわります。 ペコリ
Posted by 末裔 at 2012年04月06日 17:59
台湾の親日家ブラメタ、いいですね〜!
ブックマークに追加しました。(笑)

夢の中のブラメタは、こんな感じですか?
Gorgoroth - Sign of an Open Eye (w / Lyrics ) 1080HD
http://www.youtube.com/watch?v=73Za2PVVDcI&feature=fvwrel
確かに、メロを覚え切れない。(残念)^^;

人生に顕れるあらゆる現象の責任は自分自身にある
「愛するが故に攻撃せねばならない、しかも心から」
は、好きな言葉です。(忍)

>末裔さん、コンニチハ^^
ワタシが親なら、「働きに行く」と言われるよりも、
「天(神)の御用(働き)に行って参る!」と言われた方が、嬉しいです。(笑)
Posted by 総裁越楠 at 2012年04月06日 20:18
森三中の真ん中、、末裔さんの三種の神器、、、
その夢の謎!見えたなり〜!

宇宙の天脳!総裁越楠のΦ観霊夢診断!?

>森とは、三本の木(器・キ)=三種の神器!?
真ん中(中心感覚など)、、村上(カミ・神)女神
〜天照大神!?
ゴミの中に埋もれ〜物質文明に封印された天照大神!?
変なオッサン〜女の力を恐れて封印した男尊女卑!?
交尾の後。オッサンが血まみれ〜
和合または+−の衝突〜男が倒されて、女の力の封印が解ける!?
女じゃなくて神(男女合体した)の方がシックリ来るかな?

森三中の夢は、三種の神器の復活、又は日韓中の中国?いや日本?の復活 のサインかもです。(笑)
Posted by 総裁越楠 at 2012年04月06日 20:49
総裁越楠さんお返事ありがとうございます。

>「天(神)の御用(働き)に行って参る!」

で一つ思い出しました。この詩です。


童謡「かなりあ」

 歌を忘れたカナリアは後ろの山に棄てましょか
 いえいえ それはかわいそう
 歌を忘れたカナリアは背戸の小薮に埋けましょか
 いえいえ それはなりませぬ
 歌を忘れたカナリアは柳の鞭でぶちましょか
 いえいえ それはかわいそう
 歌を忘れたカナリアは象牙の舟に銀のかい
 月夜の海に浮かべれば 忘れた歌を思い出す 



歌を歌うカナリアの気持ちになってみると、わざわざ飼い主に聞かせる
為に歌うなんてことはしないはずです。 もしかすると自分の恋人を
探して呼ぶ為に歌うかもしれません。春が来たのが嬉しくて歌っている
のかもしれません。 飼い主は「このカナリアめ!役立たずだな」と
思っていても、歌う気になれないカナリアは何か歌うきっかけがないと
絶対歌わないと思ってるかもしれません。

この詩の中の「歌を忘れたカナリア」の所を「働くことを忘れた人々」
に置き換えて詠んで見ると、色々見えてきます。
働く人たち(歌うカナリア)は雇用主の為に働いているのではありません。
自分の為に家族の為に世の人々のために働いているのです。
今の現代社会はまるで資本家の為に雇用主の為に、ルールを作成した人
たちの為に働いている気がしてなりません。

最後のフレーズの
「象牙の舟に銀のかい 月夜の海に浮かべれば 忘れた歌を思い出す」
は、どうすれば人々が本当の意味で働くかを示すヒントになっている
と思います。 それが総裁越楠さんの言う
「天(神)の御用」かも知れないと、ふと思い出しました。

ありがとうございました♪






Posted by 末裔 at 2012年04月06日 21:45
働かざる者、食うべかず!という諺は、
不食で元気で、不職の超人には通用しませんね。(笑)
ワタシは、市井無頼の素浪人「眠狂四郎」
みたいな生き方がモットーです。(忍)
http://www.youtube.com/watch?v=rYchuVLdZ_Q&feature=related

最近コメからアセンション消滅された方々の
レスキューリンクです。(忍)
> 赤血球人体実験さんのコメント
http://kemono666.seesaa.net/article/244868089.html
 
Posted by 総裁越楠 at 2012年04月07日 00:02
ここまで書いてしまったので「神の剣を持ちたい!どうやったら見つけら
れるの?方法を教えてよ!」というみんなのリクエストにお答えして
その方法を伝授することに決めた。


末裔の「神剣!草薙の剣」を見つける方法♪


とある場所に弟と兄、そしてお母さんとお父さんと言うごく普通の家庭
がありました。 


弟「お兄ちゃんずるい、さっきから一人でゲームやってる!」
心の声(フン、私のこの「イカサマの剣」に勝てるわけがなかろう。)

兄「なんだよお前、弟のくせにうぜえんだよ」
心の声(こんなのはイカサマとは言わせねえ。「序列の剣」に従え。)

弟「じやあ後5分ね。5分だけ待つから」
心の声(フフフ「タイムリミットの剣」だ。これでお兄ちゃんは沈む)

兄「わかったよ!うっせえな。」
心の声(そんな剣がこのわたしに効く訳がなかろう!5分超えてもしなねえし。)

弟「5分経ったよ。早く代わってよ」
(やはりこの魔剣「タイムリミットの剣」は強い。さっさと沈め!)

兄「ば〜か。代わるわけないだろう」
(バカ=炎の剣。この剣は相手の内なる炎を付ける、禁じられた剣)

弟「バカって言ったな!お兄ちゃんのクソバカ!」
(クソバカ=大炎の剣。更なる炎を相手に焚き付ける、同じく禁剣)

ここでお母さん登場。 お母さんの無敵の魔法が踊る。

母「ごはんよー」
(聖母マリアの魔法は強力。「消炎の舞い」で炎が消え去る)

弟、兄「はーい、いま行くー。」


この結果、母、聖母マリアの魔法「消炎の舞い」がWINNERとなる。




すまん。「草薙の剣」に辿り着くまで膨大な紙面を要する。
この後の展開はそれぞれ察してくれw




以上、末裔の「神剣!草薙の剣」を見つける方法でした♪ ペコリ



Posted by 末裔 at 2012年04月07日 19:01
末裔さん、三種の神器の解説ありがとうございます。
鏡は自分を映し出すものですが、剣も錬磨して己の心を映し出し、その暗黒面であるヤマタノオロチ(自分のシャドー)を斬る(言霊で改心させる)!
ということですね↑

総裁、森三中の解読、誠に3Xです。
笑えてくるような内容でしたが、一理あるかも知れません……^^;
ちなみに、その事件後、刑事が「戸籍謄本を取っておいて良かった」と、意味不明なことを言っていました(笑)
Posted by 獣 at 2012年04月07日 19:46
はあ。なんかやる気が起きない。 「鏡」についての記述をしようと思う
けど、なんかむなしい。 ホントに日本は生まれ変われるのかなあ・・。

でも頑張って書き込もう!
三種の神器の「鏡」について詳しく書いていないので、もうちょっと
掘り下げようかと思った。
神道の古事記に於いて特に重要なのが「名前」である。
神様の名前、道具の名前、地名こういった「名前」に本当に重要な意味が
隠されている。
「鏡の法則」を日本語で簡潔にいうと、「呼応」ということになる。
対面する相手に対してにこっと笑いかければ、にこっと笑い返す。
怒って話せば、怒って返す。 一番判り易いのがこの金子みすずの詩。

こだまでしょうか

「遊ぼう」っていうと
「遊ぼう」っていう。
 
「ばか」っていうと
「ばか」っていう。
 
「もう遊ばない」っていうと
「遊ばない」っていう。
 
そうして、あとで
さみしくなって、
 
「ごめんね」っていうと
「ごめんね」っていう。
 
こだまでしょうか、
いいえ、誰でも。


もう、これ一つで鏡の法則のイメージが殆ど掴めると言ってよい。
そこで問題なのが三種の神器「八咫鏡」である。何故にこれが神様の鏡
なのか。 八咫というのはWIKIで見ると只の寸法である。
本当はもっと深い意味が隠されているんじゃないか。 そこで私は色々
と考え、ある事にひらめいた。「そうか!名前だ。」
たぶん日本で私と同じ、この考えを持つものは居ないと思う。
「八咫(ヤタ)」は「ヤッタ!!」の語源ではないかと。
「ヤッタ!」の語源を調べて見ると、「目標を達成できた」「ある事柄を
やり遂げた」の短縮形と書かれている。 しかし、それ以上は遡って
いない。 いつ頃から日本人は感嘆詞に「ヤッタ!」と叫ぶようになった
のだろうか。
http://yunokuni.com/ohulog_men/archives/images/heros_070827.jpg

http://www.youtube.com/watch?v=6VLoeAz3a7Q

「ヤッタ!」の語源がこの神様の鏡「八咫の鏡」であったとするならば、
まさしく神様が持つにふさわしい鏡であるという事がわかる。
鏡の法則に照らし合わせると、目の前の他人も自分の鏡である。
自分が怒れば相手にそれが伝わり、同じようにイライラする。
自分が笑えば、別に面白い事も言ってないのにそれが相手に伝わり何だか
面白い。 そこで自分が「ヤッタ!」と思ったときに、相手にそれが
伝わるだろうか。 もしも、対立している相手を目の前にして自分が
「ヤッタ!」と思う場面であるなら、相手の感情は「くやしい!」で
ある。勝負で勝ったものは「やった!」と思い、負けたものは普通
悔しがるのだ。 これは鏡の法則に反している。 もしも神様の鏡で
あるならば、相手も同じように「やった!」と思わなければならない。
そう思える場面と言うのは少ないながら実はある。
家族で大学の合格発表などに行き、自分の番号を確かめてそれがあった
時、家族みんなで「やった!」と思うだろう。宝くじとかもそうだ。
そういった瞬間に、ちっこい「八咫の鏡」が現れる。一応は神様の鏡が
現れる。 しかし、本当の「八咫の鏡」はこんなものではない。
鏡は自分と世界の映し鏡である。
日本の神器と言われるからには日本人全てが「やった!」と思わなければ
ならないのだ。 神様がある偉業を達成して「やった!」と思った瞬間
日本人もそれに呼応して「やった!」と日本人全員が思った時にこそ
本当の「八咫の鏡」が現れるのだ。 一応そういった瞬間が現れたこと
はいくつかあるだろう。オリンピックで日本人が金メダルを取る瞬間
とか、ノーベル賞を日本人が取る瞬間とか。
しかし、神様が日本と限定せずに世界まで想念を広げた場合どうか。
世界中の人間が神様と一斉に「やった!」と思う事になるには
人類に於ける凄まじい偉業を達成しない限りこの「八咫の鏡」は現れ
ないだろう。 いつか、本当に日本人からこの鏡を持つにふさわしい
人物が現れることを祈ってやまない。



以上、三種の神器の一つ「八咫の鏡」についての突っ込んだ持論でした
ペコリ
Posted by 末裔 at 2012年04月08日 17:21
ヤッターマン(八咫男)が、人類の敵であるドロンボーを退治したら、
人類全員が「ヤッター!」と思えると思います。
でも、ドロンボーにとっては、ヤッター!ではないですね^^;
Posted by 獣 at 2012年04月08日 21:06
獣さんお返事ありがとう!
人類全員が「やったー!」と思うには隕石の衝突回避技術とか、
人類の敵となる悪魔のエイリアンを退治した時くらいでしょうかw

獣さん!悪魔退治(エクソシスト)期待してますよ!
Posted by 末裔 at 2012年04月08日 21:30
指摘になりすいません。
カルマとはサンスクリット語で行為をさします。
おそらく業念の意味で使われていると思います。
カルマが使いやすいためだとおもいますが、、、
Posted by tata at 2012年08月04日 02:02
カルマは仏教では「業」と訳されています。
作業の「業」であり、単純に「行動」を意味する言葉です。
「業念」の意味で使われている訳ではありません。
あくまでも、これは本来の話です。

獣が言う「カルマ」はもっと幅広く深い意味があります。
Posted by 獣 at 2012年09月02日 19:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。