2012年06月17日

汝、茶をヤメてコーヒーを飲み給え!

誤解を招くタイトルなので、最後まで熟読願いたい。

石原式健康法では「生姜紅茶(黒砂糖入り)」が推奨され、
西式健康法では「柿茶」が推奨されている。
前者は「体を温める」という理由で、
後者は「ビタミンCが多い」という理由である。

kakicha-1.jpg

肥田式の真食養では、お茶は禁止である。
お茶はタンニンが神経を害するので、
お茶を飲んでいる限りは真の健康にはなれない。

「一般には疲れたからお茶を一杯、とすぐ茶やコーヒーを飲むが、
それに含まれるカフェインは神経を害し、タンニンは消化を悪くする。
春充も田舎の農家などを訪れて、お茶を出され、
汚がって飲まないと思われては、せっかくの厚意が対して気の毒だと、
我慢して一口でも飲もうなら大変、平生一滴もやっていないから、
たちまち利いて、夜一睡もできなくなった。
彼はこれにこりて、断然やらないことにしたという。
多くの人たちがこの害を感じないのは、
麻痺的習慣性になってしまっているからである」


つまり、お茶を飲むと正常な神経の持ち主ではなくなるのだ。

PF_26122010123652481.jpg

獣は不食時代、アルコール以外の水分は水しか飲まなかった。
言わずもがな、アルコールも神経を害する飲み物だが、
それはともかく、ある夏の暑い日、外出先で喉が渇き、
自販機でペットボトルの緑茶を買った。

本当は水を買うつもりだったのだが、
「お茶の栄養を摂ってみよう」と思ったのだ。
それで健康や元気がUPするかどうかの実験である。
お茶を飲むのは1年以上ぶりだったのだが、
一口飲んだ瞬間、胸と胃が気持ち悪くなって吐き気を催し、
頭もボーッとしてフラフラして、
その時、「金輪際、茶はヤメよう」と思ったものだ。

koshi-gen.gif

それで獣は、生姜紅茶(黒砂糖入り)ではなく、
生姜湯(黒砂糖入り)を薦めているのだが、単なる白湯を飲むよりも、
「すまし汁」か「生姜湯」を飲むことをお薦めする。
獣はすまし汁(醤油湯)と黒砂糖を別々に摂取しているが、
甲田式では基本的にすまし汁に黒砂糖を混ぜて飲む。

そう考えると、そこに生姜汁かパウダーを入れると、
黒砂糖入りの生姜すまし汁ができる。
黒砂糖入りの生姜パウダー「気合散」がお薦めだが、
これを醤油湯に入れれば完全な飲み物になる。

_r1_c1_text_more_6.jpg

余談だが、キパワーソルトを愛用している人は、
キパワーソルトをやめて「気合散」だけにすれば、
家計を圧迫することはないだろう。

キパワーソルトと気合散を比較するのは変に思うかも知れないが、
塩は基本的に「真生塩」だけで良いので、
それにプラスしてキパワーソルトを使用するなら、
「気合散」を飲んだ方が良いということである。

kiaisan4.jpg

気合散とは、簡単に言うと、黒砂糖入りの生姜パウダーなので、
どうしても気合散でなければならないことはなく、
普通に生姜湯に黒砂糖を入れて飲んでも良い。
くれぐれも言っておくが、市販の生姜湯などではダメである。

黒砂糖はどうしても必要なわけではないが、
1日断食を無理なく続ける為には少し摂取することをお薦めする。
生姜は体温を上げるだけではなく、タンパク質を分解し、
体の代謝を良くするので、水を飲んでむくみやすい人にも良い。

kiaisantopowl1001aa.jpg

もう1人、お茶の害を説いている人がいる。
世界No.1の胃腸内視鏡外科医の新谷弘実氏である。
『病気にならない生き方』には次のように書かれている。

カテキンの豊富なお茶を毎日飲み続けた日本人は、
とても悪い胃相をしています。
お茶の先生など仕事で大量のお茶を飲んでいる人には、
胃ガンの前駆症状である萎縮性胃炎を起こしている人が少なくありません。
胃相・腸相の悪い人に健康な人はいません。
では、胃相・腸相を悪くするようなものが、
なぜ健康にいいともてはやされているのでしょう。
それは食物に含まれる一つの成分の効能しか見ていないからだと思います。

緑茶を例に見てみましょう。
緑茶に多く含まれるカテキンには、殺菌効果や抗酸化作用があります。
そのため日本茶をたくさん飲んでいれば長生きするとか、
ガンの予防に繋がるというストーリーが生まれました。
でも私は、こうした「カテキン神話」にかねがね疑問を抱いていました。
それは、「お茶をたくさん飲む習慣がある人の胃相は悪い」
という臨床データが出ていたからです。
お茶に含まれるカテキンが、抗酸化作用をもつ
ポリフェノールの一種であることは間違いではありません。

しかし、そのカテキンはいくつか結合すると「タンニン」になります。
タンニンというのは、植物がもつ「渋み」成分であることから、
日本では昔から「渋」と称されてきました。
柿の「渋」もこのタンニンです。
タンニンは非常に酸化しやすい性質をもっており、
熱湯や空気に触れることによって、容易に「タンニン酸」に変化します。
そしてタンニン酸には、タンパク質を凝固させる働きがあります。

ここからは私の仮説ですが、こうしたお茶に含まれるタンニン酸が、
胃粘膜に悪い影響を及ぼし、胃相を悪くしているのだと考えられます。
事実、タンニン酸を多く含むお茶
(緑茶、中国茶、紅茶、コーヒー、どくだみ茶、杜仲茶など)
を常飲している人の胃を内視鏡で見ると、
粘膜が薄くなる萎縮性変化が起きていることがよくあります。
慢性の萎縮性変化、または萎縮性胃炎は、
胃ガンになりやすくすることがわかっています。

この説を裏付けるように、2003年の9月には、
日本癌学会において三重大学の川西正祐教授らが、
カテキンによりDNAが損傷するというレポートを発表しておられます。
お茶がもたらす危険はそれだけではありません。
現在市販されているお茶の多くは、農薬が使われているからです。
残存農薬やタンニン酸、さらにカフェインの影響を考えると、
お茶を水代わりに飲むのはお勧めできません。
お茶が好きな方は、無農薬栽培の茶葉を使い、
比較的胃粘膜に負担がかからないように空腹時を避け、食後に飲む。
そして、1日2〜3杯程度にとどめるようにしてください。


ikikata.jpg

茶葉や野菜の残留農薬は、食物連鎖で魚介類や肉類に含まれる
濃縮蓄積農薬に比べると、無毒に等しい微毒である。
だが、食事改革をする者は肉類や魚介類をヤメた上で、
野菜類の農薬にも気を使うべきである。

詳細は改めて書くが、農薬が腸内微生物を殺し、
活性酸素を発生させて遺伝子を傷つけるからだ。
肉や魚を食べることと比較すれば無害に等しいかも知れないが、
そのような考え方は腸内微生物を軽視しているということになる。

仮に、無農薬栽培のお茶を飲んだとしても、
タンニンは酸化しやすい性質をもち、
熱湯や空気に触れることで「タンニン酸」に変化するという。
つまり、無農薬栽培のお茶を飲んでも活性酸素が発生するのだ。

munouyaku-kaori_1.jpg

また、カテキンでもDNAが損傷するということだが、
遺伝子に傷がつく直接原因は活性酸素であり、
それが老化と万病の直接原因で、子孫にも影響する。
もちろん、肉食などによる腸内異常発酵と比べると、
極わずかな活性酸素であり、呼吸でも活性酸素は発生するので、
気にする程のものではない。

活性酸素が発生する原因の90%が腸内異常発酵で、残り10%が
呼吸や運動、水道水の塩素や野菜の残留農薬など諸々である。
野菜や茶葉の残留農薬を摂取して発生する活性酸素は、
全体の1%あるかないかというレベルだが、食事改革実践者は
飲食による活性酸素発生を0%にすることを目指さなければならない。
もちろん、それは無理なことなので神経質になる必要はないが、
それくらいの意識を持った上で大らかに生きることが大切である。

img1009158233.jpg

お茶の最も恐ろしいことは、
タンニン酸がタンパク質を凝固させるということである。
つまり、ニガリと同じような作用を持っているのだ。
熱海断食の牧内氏は、梅醤番茶を勧めている。
番茶に梅干しと醤油、生姜汁を入れたもので、
すまし汁や生姜紅茶と共通点がある。

だが、自然塩で漬けた梅干しと自然塩を使った天然醸造の醤油では、
ニガリが多すぎて凝固作用が強く作用し、
毎日のように飲んでいたら大変なことになる。

タイトルに「茶をヤメよ」と書いたが、聖母はお茶の先生をヤメた(笑)
茶道は正座をする為に脚の骨格を歪ませ、
それが骨盤や仙骨に悪影響を及ぼして万病の原因にも繋がる。

403.jpg

胃ガンについて少し述べておくと、
現在、世界人口の約半数がピロリ菌の感染者だと考えられ、
日本では約6000万人が感染していると言われている。
特に50歳以上の60〜70%がピロリ菌の感染者だとする調査結果もある。

日本では毎年20万人〜25万人が新たに胃ガンの診断をされているが、
6000万人というピロリ菌感染者の数からすると、
ピロリ菌が胃ガンの原因とは言えない。が、
ピロリ菌が胃ガンの因子であることはWHOによって認定されている。

ピロリ菌が産生するタンパク質には胃粘膜の免疫力を下げる働きがあり、
ピロリ菌による感染が進むと萎縮性胃炎になり、
間接的に胃ガンの発症を誘発すると考えられている。
カテキンには殺菌効果があるが、
胃ガンの前駆症状ともいえる萎縮性胃炎を起こすということは、
カテキンを摂取しても制ガン効果は期待できないということになる。

LG21-1.jpg

LG21乳酸菌がピロリ菌の撃退に効果が確認され、
プロビオヨーグルトLG21がよく売れているが、
効果があるのは摂取している間だけであり、
止めれば再びピロリ菌は繁殖する。
つまり、LG21ヨーグルトを食べ続けなければならないのだ。

だが、ヨーグルトはタンパク質であり、
未消化のタンパク質とピロリ菌の関係を考えると、
ヨーグルト自体がピロリ菌の繁殖に一役買っていることになる。
ヨーグルトはリウマチや膠原病などを引き起こす要因になり、
新谷氏も「チーズやヨーグルトは腸相を悪くする」と指摘している。
生姜には殺菌効果だけではなく、
タンパク質分解成分が含まれている為、生姜はお勧めである。

また、LG21は乳酸菌であり、
腸内革命を起こすことが根本的な解決法であるにも関わらず、
ピロリ菌を殺すことばかりを考えている人は、
全く何も分かっていなさ過ぎるとしか言いようがない。
虫歯や歯周病にしても、歯磨きよりも腸内革命を起こすことが
根本的解決法であり、歯磨きなどは表面的な対症療法に過ぎない。

4837611389.jpg

気功師の若山敏弘氏によると、
邪気が血液やリンパ液に停滞すると「水毒」を起こすという。
そこに肉体と霊体との葛藤があると、更に邪気が発生し、
赤血球、白血球、リンパ球を直撃するという。

邪気が停滞すると、血液・リンパ液が毒性をもつ

邪気とは物質的なもの以外で、身体が影響を受けるものすべてを指します。
邪気がある部分に停滞すると、必ず血液とリンパ球とでは水毒を起こします。
加えてそこに「肉体」と「霊体」との葛藤があると、さらに邪気が発生し、
赤血球、白血球、リンパ球等の免疫系を直撃します。
また胃が邪気の影響を受けると、胃の正気は乱れ、やがて胃潰瘍になります。
現代病における胃潰瘍は、ピロリ菌というウィルスが、
有力な原因菌だとみなされていますが、ピロリ菌など、
私から見れば〈気〉に混入した低レベルなコソ泥にしか過ぎません。
〈気〉さえ凜としていれば、付け入れられることなどありません。
〈気〉の狂いがあるからこそ、その部分が痛むのです。


06m.jpg

さて、お茶(緑茶、中国茶、紅茶、どくだみ茶、杜仲茶など)
の害がよく分かったと思うが、お茶と同じく、
コーヒーにも制ガン効果などの薬理作用が認められている。
どのような植物にも栄養と薬効はあるので、
コーヒー豆にも健康効果の一面はあるのは当然だろう。

その一方で、カフェインはホルモンバランスを崩し、
乳房や前立腺の病気の原因になり、最近では膀胱ガン、
尿道ガンの原因となることが報告されている。
実際に、コーヒーには発ガン性の疑いのある成分が含まれ、
その代表がアクリルアミドで、
ディーゼルエンジンの排気ガスと同類にランクされている。

妊婦は、1日4杯飲むと異常出産の原因になる言われている。
コーヒーには農薬と酸化の問題があり、
無農薬で生豆の炒りたてを飲むなら農薬や酸化の心配はないが、
豆の農薬や酸化は、肉や魚介類の害に比べると無害に等しい。

51JHVR4MACL__SX230_.jpg

コーヒーがお茶よりも胃に悪い刺激物であることは確かである。
また、お茶以上に神経を害することも明白である。
獣は昔からコーヒーが苦手だが、コーヒー牛乳は好きだった。
コーヒー牛乳には、牛乳と白砂糖が大量に入っているので、
もはや人間の飲み物ではなく、まさに心身を破壊する毒液だが、
そんなものを平気で1パック(1000ml)も飲んでいたのだから恐ろしい。

普通の缶コーヒー1本にも、大サジ13杯分の白砂糖が入っているという。
白砂糖の害については改めて詳述するが、
ここではまずコーヒーの有害性についてである。
カフェインの中毒性・副作用は、想像以上に深刻な害をもたらすようだ。

coffee04.jpg

タンニンは鉄分の吸収を阻害し、体からカルシウム、カリウム、
亜鉛などのミネラル、ビタミンCやB群を奪うことが知られている。
1日にコーヒーを5杯飲む人は、飲まない人に比べて、
骨粗鬆症や心臓発作を起こす可能性が50%高くなると言われている。

更に、カフェインにはDNAの複製を妨げることが証明されている。
コーラや紅茶、緑茶、ココア、チョコレートにもカフェインは含まれ、
市販薬にも多量のカフェインが含まれていることがある。

16355cd034656c3d121969368f3a1fb7_500.jpg

どうしてもお茶が好きでヤメられない人は仕方ないが、
ヤメられるならヤメるべきである。
コーラは論外として、コーヒーがヤメられない人は多い。

スポーツ栄養学の権威ハース博士は、
カフェイン入りの飲み物(紅茶、コーヒーなど)を飲んだ時は、
水の量をコップ1杯分ふやすことを説いている。
もちろん、お茶やコーヒーを最初から飲まないことが理想である。

cof103.jpg

結論として、お茶やコーヒーもキッパリとヤメるべきだが、
コーヒー愛好家にとってはストレスになるだろう。
コーヒーを「悪い飲み物だ」と思って飲めば、余計に悪い。

コーヒーを飲んでリラックスすればアルファ波になり、
ストレスの緩和などの良い一面があるのは事実だが、
それはタバコや麻薬についても同じことが言える。

caffeecup.jpg

実際のところ、嗜好品として1杯の茶やコーヒーを飲んでも構わない。
だが、本来は必要ではなく、飲まない方が良いものである。
従って、徐々にでも悪習慣は排除していくことが望ましい。

コーヒーやコーラを中断すると、頭痛やイライラ、震えなど、
カフェイン中毒の禁断症状を顕すことがあるそうだが、
24〜48時間でピークを乗り越えることができるそうだ。
アルコール中毒やニコチン中毒よりも遥かにマシなので、
決意さえすれば誰でも簡単にヤメれるはずである。

coffee003.gif

今まで普通に朝食を食べていたコーヒー愛好家の場合は、
急にコーヒーをヤメる習慣を断つ勇気を持てず、
コーヒーに対する未練もあることだろう。

朝食の代わりにコーヒーだけを飲むなら、それも悪くはない。
今までになかった「コーヒー断食」である。
もちろん、それで心身の超健康を獲得することはできないが、
朝食を食べることによる害を考えると、
コーヒーだけの方がまだマシだということである。

coffee002.gif

「朝食にコーヒーだけでは物足りないからパンを食べたい」
と思うかも知れないが、そこはできるだけ我慢してもらいたい。
パンを食べるなら、6枚切りではなく8枚切りのものにして、
何も付けずに食べることだ。
何か付けるなら「オリゴ糖」のみ許される。

8枚切りのパンも最初は1枚でも良いが、慣れたら半分に減らし、
1/4に減らし……徐々に食べないようにすることである。
日本人は体質的に米を食べるべきで、パンは健康的だと言えないが、
丼1杯の米を食べることと比較すると、
8枚切りのパン1枚の方がマシだと言える。
とにかく、朝は極力食べないようにすることが重要で、
朝食抜きの清々しい感覚に早く慣れてもらいたい。

4890416633.jpg

新谷氏はコーヒーの害を説いている一方で、
コーヒー浣腸(コーヒーエネマ)を勧めている。
また、下から入れるのに抵抗がある人の為に、
「カフェブロッサム」という飲料用のコーヒーも用意されている。
花ハーブのつぼみとオーガニックコーヒーを
ブレンドしたドリンクで、宿便を排泄する効果が高いという。

EPSON594.JPG

茶をヤメるのは難しいことではないが、
コーヒーは中毒性があってヤメられない人が多い。
どうしてもコーヒーがヤメられない人は、
「カフェブロッサム」を試してみるのも良いだろう。

E5BA83E5918A1.bmp

1ヶ月分(30缶)で9900円なので、高いコーヒーである。
だが、タバコの値上がりで禁煙した人も多いので、
「コーヒー=カフェブロッサム」だと思えば、
コーヒーもヤメられるかも知れない。

EPSON593.JPG

尚、コーヒーエネマ(カフェコロン)にもカフェブロッサムにも
海洋深層水が使用されているが、海洋深層水もニガリが多いので、
獣的には長期利用はあまりお勧めできない。
新谷氏は20年以上も続けてきて異常ないそうなので、
大した問題ではないと言えば大した問題ではないようだが……。

EPSON596.JPG

EPSON597.JPG

獣も扱っているので、希望者には密売可能だが、
このようなものを使用したり、飲んだりしなくても、
半日断食をして十分な水分を摂取していれば事足りことである。
また、スマシ汁(醤油湯)も宿便を取る効果が高く、
酸化マグネシウムを併用していれば更にベターである。

酸化マグネシウムは寝る前に飲み、朝に排便するのが理想である。
酸化マグネシウムは十分な水分と一緒に摂取する必要があるが、
アリオンは「日没後は多量の水を飲まないこと」と教えている。
獣の見解を述べると、酸化マグネシウムと一緒に飲んだ水は
腸内にストックされるので、特に問題はないと思われる。

chounai.gif

「酸化マグネシウムは毎日飲んでも良いのか」という質問があるが、
甲田療法では継続摂取するものなので、毎日続けて飲んでも問題ない。
医薬品の便秘薬の中には「塩化マグネシウム」と「硫酸マグネシウム」
もあるが、これは「ニガリ」なので間違っても摂取してはいけない。

「酸化マグネシウム」は、2004年から食品にも使えるようになり、
副作用のない安全な医薬品だが、
しばらくは継続して摂取し、ある程度の宿便が取れたと思えば
中断しても良いが、定期的に摂取した方が良いだろう。

汝、ニガリを飲め!
http://kemono666.seesaa.net/article/273325252.html
posted by ZERO at 18:46| Comment(1) | 食育革命と超人進化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最後の方に資料画像を4つ追加しました。
Posted by 獣 at 2012年06月19日 22:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。