2012年06月19日

汝、ワカメちゃんになれ!

しらたきの代わりに、カロリーが低いワカメでも良いだろう。
ワカメは手軽に使える乾燥わかめ(カットわかめ)が便利だが、
5g中2gの食物繊維が含まれている。

ワカメの食物繊維には、不溶性食物繊維(セルロース)と
水溶性食物繊維(アルギン酸)がある。
セルロースはコンニャクのグルコマンナンと同じで、
水分を含んで膨張し、満腹感を得ることができる。

wakame-5.jpg

少しワカメを食べた程度で満腹になることはないが、
空腹感を抑えることが可能だということである。
腸内でも水分を含んで膨らみ、腸の蠕動運動を活発にし、
便の量を増やして軟らかくする効果がある。

一方、水溶性の食物繊維(アルギン酸)がヌメリの正体で、
塩分と結びついて、余分な塩分を体外に排出する働きをする。
アルギン酸は血液を浄化し、血中コレステロールを下げ、
腸内フローラのバランスを整え、
動脈硬化・高血圧を改善し、腸の老化を防ぐ働きがある。

commonw_02.jpg

また、放射性のストロンチウムや
重金属のカドミウム等の有害物質を体外に排泄する作用もある。
また、高い抗ガン作用を持つフコイダンが含まれている。
その他、ビタミン・ミネラルが豊富に含まれている。

ここで、ワカメの栄養について取り上げるつもりはなかったが、
少し調べてみたので簡単に載せておく。
ワカメに多く含まれるビタミンは、
ビタミンAやビタミンB群、ビタミンCである。

wakame-eiyou.gif

ビタミンAが欠乏すると成長が止まったり、
骨や歯の発育が悪くなることが知られている。
皮膚や粘膜を保護する働きや、抗ガン作用もあると言われている。

ビタミンB群が不足すると脚気になったり、
皮膚や粘膜、胃腸などに異常が現れ、
神経の働きや精神状態に悪影響を及ぼすという。

ビタミンCは西医学(西式健康法)で特に重要視されているが、
乾燥ワカメ100g当り27mgのビタミンCが含まれている。
活性酸素を消去する力が強く、細胞の老化を防ぐ働きをしている。
また、鉄分やカルシウムなどミネラルの吸収を促進し、
コラーゲンの合成に深く関与している。
風邪やインフルエンザなどの感染症に対しても、
アスコルビン酸として医薬品になっている。

description.gif

ミネラルは、特にカルシウム、マグネシウム、カリウム、
鉄・マンガン・亜鉛・ヨウ素などが多く含まれており、
人体には不可欠な微量元素だが、
ワカメはそれを吸収率の良い理想的な形で持っている。

ビタミンCと並んで、カルシウムの重要性も認知度が高いが、
乾燥ワカメ100g中820mg含まれている。
これは小魚に含まれるカルシウム並みだが、
小魚のカルシウムよりも吸収率が高く、また、
小魚のような悪玉カルシウムではなく良質のカルシウムである。

カルシウムの主な効果は、丈夫な骨や歯を形成する働きをしたり、
イライラ防止に効果があると言われている。
現代人は海藻を食べることが少なくなって慢性的なカルシウム不足で、
更に、牛乳や白砂糖を摂取して体内カルシウムを奪っている。

01_M-083926.jpg

また、肉や魚介類や油料理などを食べると大量の活性酸素が発生し、
大量の体内ミネラルが奪われるが、カルシウムはミネラルなので、
当然ながらカルシウムも排出されることになる。
現代人にイライラした精神異常者が多い原因は、
カルシウム不足が最も大きいと思われる。

カルシウムの吸収の為にはマグネシウムが必要だが、
当然ながらワカメに含まれている。
また、マグネシウムは体内で300種類以上の
酵素の働きを助けている重要な栄養素である。
その他、神経の興奮を抑え、体温や血圧を調整する働きもある。

カリウムは過剰なナトリウムを排出し、
体内の塩分のバランスを取る働きがある。

pamphlet_wakame.gif

鉄分は貧血の予防や対策に不可欠な栄養素なので、
半日断食を始める人は適度に補給することが望ましい。
もちろん、朝にワカメを食べる必要はなく、
昼や夜に少し食べれば十分である。

くれぐれも、鉄分のサプリメントなどは摂取してはいけない。
どのような栄養素でも単体で摂取すると弊害(薬害)が起きるが、
特に「ビタミンE」と「鉄分」のサプリメントの摂取について、
どこかのガンセンターが警鐘を鳴らしている。

マンガンは骨の形成に関与するほか、糖質や脂質の代謝に働く酵素、
抗酸化作用のある酵素など、様々な酵素の構成成分として、
成長や生殖に関係している。

8000032218.jpg

亜鉛は、DNAやタンパク質の合成に働く酵素や、
細胞や組織の代謝に関わる酵素など、
200種類以上の酵素の構成成分として必要な栄養素である。
また、発育を促し、傷の回復を早め、味覚を正常に保つ働きがある。

亜鉛が不足すると、成長障害、貧血、味覚障害、皮膚炎、
肝機能障害、ウツ病などを引き起こすと言われている。
また、突発的な暴力行為に走ってしまうことがあるという。

亜鉛はビタミンAと摂るとそれぞれの相乗効果が期待できるが、
どちらもワカメに含まれている。
普通の食事で亜鉛が過剰になることはないが、
毒性が強い為、大量に摂取すると急性中毒を起こすので、
サプリメントなどで補うという発想は愚かしい。

特定の成分を単体で摂取すると効果はあるが副作用がある
2169_L.jpg

ヨウ素は、放射性ヨードの内部被曝による
甲状腺ガンを予防することで有名になった。
ヨウ素は甲状腺ホルモンに不可欠なミネラルで、
不足すると甲状腺腫になり、脱力感や疲労感を感じるようになる。
また、髪と皮膚、歯と爪の健康にも欠かせないものだと言われている。

細かい話をすればキリがないが、ワカメを食べていれば間違いない。
朝食で、しらたきのスマシ汁にワカメを入れると栄養価は優秀になるが、
毎日交互に日替わりにしても良いので、
「しらたき」か「ワカメ」かどちらかにした方が良い。
同時に摂取すると、「半日断食」の意味がなくなってしまうからだ。

wakamesoup.jpg

「朝にスマシ汁と自家製の野菜ジュースを飲んでも良いか」
という質問があったが、石原式基本食では、
朝は「生姜紅茶」と「ニンジン・リンゴジュース」なので、
「スマシ汁と野菜ジュースの両方を飲んではいけない」とは言えない。

が、甲田式断食で言うなら、
「スマシ汁」か「ニンジンジュース」か「リンゴジュース」か、
どれか1つを選んで、それを継続的に摂取することが基本となる。

その辺りのことは、拘りを持たずに柔軟性を持って、
各自の判断で色々と試してもらいたいと思うが、
最終的に朝は「水と尿だけ」にすることを目下の目標にして頂きたい。

NI1033-365-topimg.jpg

ちなみに、一昔前、「チアシード」というものが流行った。
今も根強い人気を誇っているようだが、
チアシードの種はゴマよりも小さいが、水分を含むと10倍に膨張し、
消化されにくく、空腹感を抑える働きがある。

1回約4g(小サジ1杯程度)を目安に、水と一緒に飲むのだが、
それだけでレタス1個分の食物繊維が摂取できる。
種子なので栄養価が高く、アミノ酸、ビタミン、
ミネラル(特にカルシウムと鉄)なども豊富だが、
種子にはフィチンが多く含まれている為、ミネラルの吸収を阻害する。

img10162008414.jpg

『日月神示』にも示されている通り、
種子は本来は土に返すものであり、基本的には人間の食べ物ではない。
だが、一定期間、あるいは定期的にチアシードを利用するのも悪くはない。

コンニャクやワカメと同じく、空腹感を緩和するダイエット食品だが、
コンニャクやワカメのように「食べる」という概念はない。
水と一緒に粒を飲むだけなので、感覚的には不食に近いものがある。
朝食廃止に至るプロセスとして、チアシードを利用するのも良いだろう。

chiaseed03.jpg

例えばだが、朝食として「しらたきのスマシ汁」「ワカメのスマシ汁」
「水とチアシード」というメニューを日替わりにするのも1つの方法である。
もちろん、スマシ汁の日も、水は水で別に飲む必要がある。

今、たまたま検索で発見したのだが、
グルコマンナンのサプリメントも売っているようだ。
これも良くないのかというと、そんなには悪いとは思わない。
だが、敢えて高価なサプリメントで摂取しなくても、
普通にコンニャクを食べてば良いことである。

また、噛むということにも重要な意味があり、
「噛み=火水=神」で陰陽バランスが整い、
脳も活性化して、食べたという満足感もある。
サプリメントでグルコマンナンを摂取する場合は、
食べる習慣や、食に対する欲望や執着をなくすのに良いと思う。

delloff.jpg

ついでに言っておくと、朝から味噌汁を飲むのはお勧めしない。
味噌汁が体に良いことは百も承知だが、
味噌はタンパク質が多すぎるので、スマシ汁がベストなのだ。

食事療法では、まずタンパク質を抜くが、
それは病気の最大原因である腸内異常発酵が、
主に未消化のタンパク質に起因しているからである。
朝は豆腐や納豆や豆乳などの摂取を避けることが基本となる。
posted by ZERO at 17:10| Comment(2) | 食育革命と超人進化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
更新ありがとうございます。

本日、グローバルクリーンの『真生塩』、『たまり醤油』、『純正米味噌』、『だしつゆ』が届きました。明日のお味噌汁が楽しみです☆

朝食抜きの生活にも慣れ、コーヒーもチョコも常習はしなくなりました。夜は相変わらず好きなものを食べていますが、なるべく不要な食品は買わないようにしていきます。息子も最近小食で、身長もすでに185p程あるので、お肉の量を減らしています。マクロビの本を参考に菜食中心にしていきたいところです。

風がすごいです、ベランダの野菜達が心配です★実がつき始めたばかりなのに〜
Posted by oriel at 2012年06月19日 23:27
朝食抜きに慣れてきておめでとうございます^^
不食も近いですね(笑)
まずは年内に昼食も抜きといったところでしょうか。
昼はオニギリ1個で十分です。
最初は2つ食べてもOKです。
休日は家ではソバかウドンか例のしらたきスマシ汁にすると良いでしょう。
グローバルの醤油や味噌は高いですが、その分、他の食材を買わなければ良いです(笑)
夜はマクロビの菜食中心で良いですが、できるだけ油を使わないようにお願いします。
家庭菜園は良いことです^^
さっきの強風で、御父が大切に育てていたプチトマトの茎が折れました^^;
Posted by 獣 at 2012年06月20日 01:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。