2012年08月19日

@火水 A感謝 Bイメージ Cエネルギー Dマイナスの消去 E夢日記

前回紹介した『今すぐ幸せになれるスピリチュアルヒーリング』
4774510904.jpg

獣が日課として勧めていることや、
忠告をしている悪習慣と一致する内容だが、
総集編的な記事を紹介しておきたい左斜め下


@ 1日の幕開けは「火水」パワーで
EPSON608.JPG

朝、水を飲むとことと、太陽瞑想をすること。
これも獣が重要視して発表していることである。

朝食廃止法案
http://kemono666.seesaa.net/article/272468906.html
水の働きと若返りを実現する水分補給
http://japan666.seesaa.net/article/144251943.html
太陽瞑想法
http://messiah666.seesaa.net/article/225638424.html
太陽瞑想の効力「観音力の発現」と注意点
http://messiah666.seesaa.net/article/225743568.html
ソーラーパワーと「十言の神呪」
http://messiah666.seesaa.net/article/225756389.html


A 感謝こそ、「いのち」の妙薬!
EPSON609.JPG

あらゆる感謝すべきことを紙に書き出すメソッドは以前紹介したが、
日常生活の中で何か良い事や悪い事が起きたり、見聞した時に、
「ホ・オポノポノ」を唱えることも何度も書いてきた通りである。


B 現実化を起こすのはイマジネーション
EPSON610.JPG

イメージングは願望実現の基本だが、
あまり個人的なことでイメージを働かせ過ぎるのも問題である。

ネオデジタル内観を始めた人の調和測定の一例

2ヶ月目
op-thumbnail2.jpg

左右の脳波のバランスが少しとれてきましたが、まだ高い形が見られます。
しかし、1ヶ月前と比べると、コントラストが弱くなり、色が濃くなってきました。
左脳の下のブロックには無我に近い安定脳波が現れています(色の濃い部分)。
これは内観が進み、イメージ、空想することが少なくなってきた事を示しています。
いままで感じ取れなかった時の移ろい、
それにいろいろなことがらがよく感じ取れるようになってきた段階です。


3ヶ月目
fuh1-thumbnail2.jpg

とくに左脳の深い部分(左端のブロック)の三角形が小さくなり、
バランスがとれて色も濃くなってきました。
これは雑念や歪みが消去され、脳波が安定してきた証拠です。
しかし、まだ右脳が活発であり、焦りやイメージがあります。
日々の生活でのいろいろなことがらが鮮明になり、
その原因をわかりかけてきた段階です。


4ヶ月目
fuh-thumbnail2.jpg

左右の脳ともバランスがとれて、さらに色が濃くなってきました。
段々と囚われがなくなり、脳波が安定してきている事を示しています。
左脳に濃い色が多くなっていますが、
これは囚われが少なくなってきたことを示しています。
左脳よりも右脳の脳波が少し高いのは、
イメージや何らかの期待感があるからだと思われます。
しかし、右脳の下部に安定脳波が現れ出しました。


半年経過
169-thumbnail2.jpg

ネオデジタル内観を始めて半年が経過した頃の脳波です。
左右の脳波のバランスがとれ、たいへん安定しています。
右脳のイメージ波(色の薄い部分)も少しになり、
右脳にも無我状態を表す非常に濃い色の部分が増加してきています。
少し右脳が優勢ですが、目的達成の希望と喜びがわいてきた証拠です。
日々の生活では殆ど囚われがなくなり、安らぎの境地に近い状態です。
さらに内観を進めることで、確実に「真の気づき」、
「真の自己発見」に到達できるでしょう。


ネオデジタル内観の効果を「調和測定」で検証する
http://world888.seesaa.net/article/152847546.html

内海康満氏も獣と同じ事を述べている。

イメージ(想念)の力を使うなど非常に低次元な法則を用いて
現世的な成功をつかもうとする人たちがたくさんいるが、
たとえ金銭や物質に恵まれる状況が訪れても、
根本の道(大法則)から外れているために、
いずれ中真に引き戻される現象が必ず起こる。
エゴを満たす道具として法則を使うと、法則によって倒されるのだ。
また、現世的な成功は、守護霊が本人に持たせたものである。
したがって、「自分の力で成功した」という理解をすると、
守護霊が離れていくことになる。



C すべての源、光でエネルギーアップ
EPSON611.JPG

太陽瞑想や満月瞑想などはイメージ瞑想だが、
それによってエネルギーを得ることは問題ない。
また、他者にエネルギーを送るのもイメージだが、
イメージそのものが悪い訳ではないので誤解のないように。


D マイナスはその日のうちに落とすこと
EPSON612.JPG

これもネオデジタル内観の基本である。
獣の考えとしては、睡眠は死の予行練習としての行である。
マイナス想念を落とさずに死ねば死後は幽界コースだが、
それと同じく、寝る前に1日の内観をする必要だある。

◆実践5 日々の反省をとぎらせない
http://world888.seesaa.net/article/170872023.html


E 夢日記で内的アンテナを磨こう
EPSON613.JPG

別のページで次のように書かれていた。

私にとって、夢日記を書くこと自体が内へと深く掘り下げる作業でした。
書いているうちに、いろんなことに気づくのです。
私たち人間は、宇宙や神から尊いものをただ受け取るのではなく、
自ら創造性を発揮し、恩恵を使いこなしていきます。
そう、まさに「使えるエネルギー」が本格化する時代なのです。


夢は、もう1つの人生である。
肉体意識で生きている人間は、起きている時が現実で、
寝ている時に見る夢は所詮 夢に過ぎないと思っている。

だが、それは大きな間違いなのだ。

先日、本屋でこの本を読んだ。
DSC_3263,.jpg

脳機能科学者の苫米地英人氏は、次のように述べている。

全ては幻ということを認識するために瞑想がある。
瞑想は「すべてこの世は空である」ということを悟るため。


人間の五感知覚で認識する「この世界」は、幻影である。
要するに、人間界での生は「夢」を見ているのと同じなのだ。
その事は、古代インド哲学の『ウパニシャッド』にも書かれている。

真我に目覚めた者は「内外反転」によって、その事実を認識する。
もちろん、それだけの認識に陥ってしまえば
「霊体一致」のバランスを崩すことになるが、
内外反転すれば「内外一致」の真理を会得するものである。

ただ、殆どの人が「内外反転」の感覚がない為、
獣は「内外反転」を力説しているのだ。

HI3G0037、.jpg

アリオンによると、「夢は霊界での記憶の断片」だという。
必ずしもそうとは限らないが、人は睡眠時にインナートリップ
(体内離脱)によって霊界を体験しているのだ。

多くの場合は、幽界の夢幻界と呼ばれる世界を彷徨っているが、
ここで理解が必要である。
この3次元の人間界は、自分の潜在意識と
人類の集合的無意識が映し出している「投影の世界」である。

同じく、寝ている時に見る夢も、自分の潜在意識と
人類の集合的無意識が映し出している「投影の世界」である。

HI3G0291.jpg

つまり、肉体意識が起きているか寝ているかの違いであり、
夢も現実も「投影の世界」に過ぎないのである。
むしろ、信じられないかも知れないが、
夢の世界の方が「現実」に近いという理論が成り立つ。

例えば、この世で殺人を犯したとすると、
それは潜在意識の投影(カルマの結果)である。
同じく、夢の中で殺人を犯しても、
それは潜在意識の投影(カルマの結果)であり、同罪ということになる。

人間は自分の意志で生きているように思っているが、
想念も行動も全ては潜在意識の結果である。
同様に、夢では肉体意識(自分の意志)は働いていないが、
夢は勝手に見るものではなく、潜在意識の結果なのだ。
要は、夢と現実を同等に、等価して観る必要があるのである。

もちろん、夢と現実の区別がつかなくなるのも問題だが、
そういう事ではなく、夢は「もう1つの人生」だということだ。
従って、見る夢にも責任を持つ必要があり、反省と感謝も必要となる。
また、夢日記を書くことを習慣にすることで、
ある一定のパターンを見出すことが出来るようになる。

夢と現実……夢実現!
http://messiah666.seesaa.net/article/233902504.html
アンリ式「夢日記」と睡眠時間の短縮法
http://world888.seesaa.net/article/178061416.html

DSC_3262.jpg

先日、本屋で『1分仮眠法』という本を見た。
急激に食事量を減らすと体重が激減して体力も低下するが、
睡眠時間も急激に減らせば疲労が蓄積されて不健康になる。

減食の場合、黒砂糖を食べてエネルギー補給をしたりするように、
睡眠時間が短くて睡眠不足の時は、数分間の仮眠でリセット出来る。
一瞬のうたた寝で回復することもあれば、
5分〜10分のうたた寝で回復することもあり、
それを何度か繰り返してコンディションが好調になったりする。

誰もが体験的に知っていることだと思うが、
そのことを明確に認識すれば、
日常の睡眠時間のことなどを気にして生活する必要はなくなる。
posted by ZERO at 01:59| Comment(0) | 自己啓発・自己実現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。