2012年10月28日

汝の究極目標を実現する方法

27歳の頃、前回の記事の「ピラミッド」の話を読んだのをキッカケに、
小学生の頃から興味を持っていたピラミッドテントをGETした。

当時、自宅でパソコンを使ったビジネスをしていたので、
起きている時も寝ている時も四六時中ピラテンの中で生活していた。

その頃はまだ「新たな宇宙創造」というような
明確なビジョンを持っていたわけではなかったが、
同じ時期に「ブレインダンプ」を知り、億万長者になる為には
「ブレインダンプ」が基本だということで、獣も実行してみた。

もっとも、その少し前に全くお金がない状態が続いて不食を始め、
野外生活をする予定だったので、我欲というものは殆ど無くなっていた。
それはともかく、徹底的に「ブレインダンプ」をして、
人々の共通の願いを叶えるビジネスを発足し、それが大ヒットした。

ピラミッドパワーの効果か、ブレインダンプの効果か、
不食の開運パワーか、太陽瞑想の金運パワーか……、
いや、太極八卦鏡と財運ストッパーの効果が強烈だった。

G8g9Z2hC38OvHTkmDNkLmA.jpg

そして、更に大欲(大願)を拡大し、
地球規模の大目標・使命を自覚するようになった。
それは水面下で他力によって実現の準備が進んでいるが、
御父ルートでも獣は種を蒔いている。

数十億、数百億の事業の概要書面や契約書の作成を頼まれ、
いつも無報酬(成功報酬)で時間を割いて協力しているが、
これがなかなか決まらない。
契約が100%決まった、今回は絶対に大丈夫、
という話は何百回と聞いてきたが、いつも破談になる……。

だが、ある土地開発の1兆円のプロジェクトで、
去年の夏頃に獣が大手の解体業者を仲介し、
政治家のセレモニーも行なわれてスタートは決定している。

それで5〜10億が入ってくる予定だが、
様々な利権が絡んでいてなかなかスタートせず、
京都府警や警察庁も巻き込みながら水面下で進行している。

もう1つ、中国で100兆円規模の国家プロジェクトがあり、
日本の大企業群も出資するのだが、それが完成すると、
日本と中国のエネルギー産業の転換となる。

zdX-6OUsxqFKV9BYdc3Qmg.jpg

だが、日中関係が悪化している現在、交渉をスムーズに進める為に、
あるユダヤ研究家と共著を出している人が中国政府に提出する文書を書いた。
その人物は御父のブレーンなのだが、神仙組を読んで一目置いているらしく、
獣にチェックしてもらいたいとのことで、御父が書類を持って帰って来た。

日中友好の為に、靖国問題の誤解を解くような話や、
神道とは何か……というようなことが書かれていたが、
獣が読んだ限りは全面的に訂正が必要で、尚且つ、
日中友好が目的なら全く別の論点の文章も必要なので、
獣が下書きを作成中で最近は特に忙しさを増している。

「日出ずる処の天子、書を日没する処の天子に致す」
と書けば良いだろうか(笑)

とりあえず第1弾として5枚の文書を作成して提供したのだが、
「これは中国でニュースになるかも知れない」と言われたらしい。
実際にそうなるかどうかは分からないが……。

もしそうなったとしたら、獣がアンゴルモアの大王として、
中国を支配する指導者になるチャンスが巡って来るかも知れない(笑)
そうなれば、日本を中心としてアジアを統一し、世界征服に乗り出せる。

だが、よく考えると、この文書を作成しても大した報酬はないかも知れない。
別に金目的ではなく、嫌な想いもせず、坦々と作業をしているだけだが……。
そのうち、いつか、どれか1つは大当たりしてほしいものである。

PF_27122010075348606.jpg

話が飛んだが、2年前、獣は本当の意味で「真我覚醒」に到達し、
想念界に「ミロクの世」を完成させたことを自叙伝に書いた。
そして、獣の目的は「言霊による新たな宇宙創造」に行き着いた。

人間界(投影の世界)で何かを成し遂げようというのは、
あくまでも「結果の世界」の出来事に過ぎないことを理解した。

個人的に「どうなりたい」とか「何がしたい」というような
目標や願望は何もなくなってしまった。

しいて言えば、一人暮らしがしたいというだけで、
その為ならホームレスでも全く構わないと思っていたが、
実際にホームレスになることを考えると今の方が良いかもしれない。

決して、実家に住んでいるのが嫌なのではなく、
一人で心静かに不食と瞑想の生活をしたいだけである。
煩悩も殆ど消滅し、「新しい宇宙の創造」以外に目的はなく、
その為だけに生きているような生活が続いている。

誠……言うことが成るのが言霊である。
dfgh.bmp

言霊の力を発揮する為には「身魂磨き」が必要不可欠で、
自分の身魂を磨くことに専念し、また、他者救済(自己救済)の為に
無心でブログを更新し続けているというわけである。

たまには友人と遊んで人間に戻ることもあるが、
それはたまにだからいいのであって、
基本的にはそのような事にも殆ど興味を失っている。

聖母には、「何が楽しくて生きてるの?」とよく聞かれる。
ブログの更新をしているか、瞑想しているか、寝ているかという毎日で、
食事もほとんど摂らない生活なので、そう思われても仕方がない。

バシャールが説くような「ワクワク」するような事もない。
ワクワクするような趣味は音楽など色々と沢山あるが、
それらの趣味に時間を使う暇がなく、今は趣味にも興味を失っている。

だが、瞑想時や睡眠時が至福の一時であるように、
何もしていなくても、ブログを更新していても静寂で至福である。

FunnyCams_1293486641695.png

テンテンのタマヒラキの主宰者(義理天上日之出)に
獣の使命を聞くと次のように言われた。

「次の世を創る使命の御魂だが、
何かをやろうとする必要はなく、存在するだけでいい。
次の世を創る人達が自然に集まってきて、それを統括する役目です」


新しい世界が創造されていくことを想像するのはワクワクする。

世界平和という言葉があるが、
もし平和であるならそれが当然の状態であり、
平和になることは目的ではない。
少なくとも今の日本は平和であり、平和を熱望する人は皆無に等しい。

確かに、世界各地では常に紛争が起きていて、毎日大勢の人々が死んでいる。
それを認識するということは、それも自分が映し出していることであり、
世界を平和にする為には自分の潜在意識の浄化に努めること以外にはない。

PF_26122010123652481.jpg

だが、一人ひとりが異なる世界に生きていることを忘れてはならない。
例えば、悪いニュースを見たとする。
それは集合的無意識のカルマを潜在意識が投影しているのだが、
自分がそのニュースの出来事を体験している当事者ではない。

個人のパラレルワールドが重なり合って存在しているのが現在の地球で、
バシャールが言う通り、自分の周波数と異なるものも無数に混在するのだ。
それは、人類が、万物が、集合的無意識で繋がっているからである。

今の時点で話すことは少し躊躇うが、中真の視点から見ると、
「すべては自分自身」というのは一面的真理であり、
反対から見ると、自分が体験していないことは自分とは無関係なのだ。

今はまだ後者の方が圧倒的に多い為、まずは前者の認識を持つ必要があり、
それを常々力説しているわけだが、両者の統合が「認識の完全化」であり、
獣の言葉で言えば「内外一致」に通じるのだが、それがバシャールの言う
「パラレル・アースへの分化」、即ち、同じ周波数の世界の統合なのだ。

意味が分からないと思うので分からなくても良いが、
少しでも頭で理解できるなら理解しておいた方が良いかも知れない。
但し、覚醒には順序があり、まずは「内外反転」を体験することである。

その為には「全ては自分自身でワンネス」ということを
常に意識して生活するべきであり、その方が内観も進みやすく、
早く真我に覚醒して、真理を悟ることができるようになる。

PF_26122010115957081.jpg

話を戻すが、多くの人は欲望や感情に支配されて日々を送り、
個人的な夢や目標に向かって頑張って生きているようだ。

その生き方を否定する気は毛頭ないが、
それは変換人への進化に向かった生き方ではなく、
「ネガティブな世界(信念体系領域含む)」への道である。

夢は目標は書き出す(掻き出す)ことによって手放し、
頑張らず(努力せずに)に坦々と与えられた仕事をすることだ。
深い呼吸で脳波を下げると無心で集中力が増すので、
頑張って努力する以上に頑張って努力している状態でもある。

世界平和というのは「ミロクの世」での状態のことだが、
獣は2010年5月20日に自分の想念界に「ミロクの世」を完成させ、
絶対平和の世界を実現し、ルシファー帝国を建国した。
http://new-mu.seesaa.net/

それは2037年以降に実現する世界だが、
想念界(原因の世界)では既に実現していることなのである。
それが人間界に投影されるというのは現在の世界だが、
その頃には「内外一致」の世界が完成しており、
人間界(結果の世界)が神霊界(原因の世界)に統合するのだ。

即ち、「この世」と「あの世」の統合であり、
オコツトも「生きながら死後の世界に入る」と言っている。
それは幻影の世界である「この世」が、
本当の意味で「現実の世界」に成るということなのだ。

「原因の世界」と「結果の世界」の統合ゆえに、
原因と結果が同時に存在し、思ったことが即実現する
シンクロの渦の世界に成るだろう。
5次元の世界なので、それは当然のことである。

Start.jpg

獣の21世紀型成功哲学の根幹は「政木理論」である。
政木理論を鵜呑みにしているのではなく、
最終的に獣が辿り着いた結論と一致しているのだ。

@原因の世界にアクセスする為に、脳波をシータ波にする。
(普通は簡単にはなれないので、純粋なヘミシンク音を聴くと良い)

A一生かかっても実現不可能と思える大目標を持ち、過去完了形で思う。

Bその大目標を忘れて、あとは天の流れに任せ、
直感(見通しの神の指示)に従って行動する。


大目標は必然的に自分や家族、国家を超越した世界規模の目標になるが、
獣は大目標を追求していった結果、「ミロクの世の創造」に行き着いた。
それは同時に「世界平和」も含まれるが、獣の言葉では「世界征服」である。

獣の場合、その大目標を過去完了形で願うというプロセスはなく、
その大目標に行き着いたと同時に想念の世界で実現してしまった。
それは全く同時の出来事だったが、少し特殊な体験ではある。
というよりも、その時が本当に真我(魂の意識)に目覚めた瞬間で、
自叙伝の後にも書いた通り、世界改造の使命感からも解放された。

FunnyCams_1293486187093.png

ただ、「ミロクの世の創造」という目的を忘れたわけではないが、
そのことに執着しているわけではない。

ブログにも書かなければならないテーマなのでその度に思い出すが、
それを実現させようという強い意志を持っているわけではない。

「原因の世界」で既に実現したことなので、
「結果の世界」に現れるのは必然で、しかもこれからは
「原因の世界」と「結果の世界」の統合するのである。

だが、それが実現するプロセスにおいては、
人間界での「世界改造」という仕事は必要である。
しかし、人間の考えでプランを立てて行動するのは自我であり、
影が影を動かそうとしているようなものである。

獣は世界改造事業の準備が水面下で着実に進行しており、
また、獣個人がする仕事ではないことは、
社会の流れとして実現方向に動いている。

つまり、意のままに世界が動いているような状態で、
まさに「為さずして成す」という世界である。

この「過去完了形の法則」を理解すれば、
「世界人類が平和になりますように」という願い方は
逆効果になるということが分かるだろう。

「世界人類が平和でありますように」ならまだ良いが、
「世界人類が平和になりました」という願い方が正しい。

「世界人類が平和になりますように」というのは、
今は平和ではないという認識に基づいている為、
それが実現方向に向かってしまうのである。

従って、毎日そのようなネガティブな祈りをするのは最悪なのだ。
願い事は繰り返すことによって実現するが、それは念の力である。

正しい願望実現法は、シータ波の時に一度だけ過去完了形で願い、
あとは忘れて(執着を捨てて)シンクロの原理で実現することだ。

過去完了形で決定した以上、何度も願う必要はなく、
何度も願うのは実現を信じていない(決定していない)証拠であり、
それでは実現しないことは明白で、単なる祈り地獄に過ぎない。

PF_27122010080035317.jpg

但し、理想と希望は魂が常に発しているものである。
希望については過去に何度も書いてきたが、
原アカデミーの原久子氏は次のように述べている。

理想とは、宇宙(大自然)の理にかなった想いのことを指しています。
その想いとは、宇宙の根源的な意識と繋がっている私たちの真我
(内在の神・本物の自己)の想いを指しているのです。

希望とは、希なる望みと書き、
この世的には滅多にないような望みのことを指しています。
それは多くの人々が望んでいるこの世的な我欲の望みではなく、
我欲を捨てた時に初めて分かる真我(神仏の心)の望みのことです。

従って、真の理想・希望とは、真我(内在の神・本物の自己・神仏の心)
の想いや望みを本当に知って、その想いや望みを実現することなのです。

このことを本当の自分の願いを実現するという意味で、
「真我実現」と呼んでいます。
真我実現とは、私たちの心の奥底にある本当の自己を認識し、
その自己の想いや望みを知って、それに従って生きていくことなのです。


その魂の理想・希望は、これから進化する人類共通のもので、
「ミロクの世」の実現である。

余計なツッコミだが、原氏はまだ本当に真我には目覚めていないようだ。
「心の奥底にある本当の自己を認識し」という表現は、
自我で真我の存在を認識している段階であり、
「自分」の意識がまだ「真我(魂)」にシフトしていないことが分かる。

6cd0ebfbdf7717835891e05f21bd6e23.jpg

「ミロクの世の実現」は「第8太陽次元の創造」である。

アポロ宇宙飛行士たちは宇宙で神秘体験をしているが、
その中でエド・ミッシェルは次のように語っている。

「無数の星が暗黒の中で輝き、その中に我々の地球が浮かんでいた。
それを見ながら、いつも私の頭にあった幾つかの疑問が浮かんできた。
私という人間がここに存在しているのはなぜか。
私の存在には意味があるのか。目的があるのか。
人間は知的動物にすぎないのか。何かそれ以上のものなのか。
宇宙は物質の偶然の集合にすぎないのか。
宇宙や人間は創造されたのか、それとも偶然の結果として生成されたのか。
我々はこれからどこにいこうとしているのか。
すべては再び偶然の手の中にあるのか。
それとも、何らかのマスタープランに従ってすべては動いているのか。
こういったような疑問だ。
いつも、そういった疑問が頭に浮かぶたびに、
ああでもないこうでもないと考えつづけるのだが、そのときは違った。
疑問と同時に、その答えが瞬間的に浮かんできた。
問いと答えと二段階のプロセスがあったというより、
すべてが一瞬のうちだったといったほうがよいだろう。
それは不思議な体験だった。
宗教学でいう神秘体験とはこういうことかと思った。
心理学でいうピーク体験だ。
詩的に表現すれば、神の顔にこの手でふれたという感じだ。
とにかく、瞬間的に真理を把握したという思いだった。
世界は有意味である。私も宇宙も偶然の産物ではありえない。
すべての存在がそれぞれにその役割を担っているある神的なプランがある。
そのプランは生命の進化である。生命は目的をもって進化しつつある。

個別的生命は全体の部分である。個別的生命が部分をなしている生命がある。
すべては一体である。一体である全体は、完璧であり、
秩序づけられており、調和しており、愛に満ちている。
この全体の中で、人間は神と一体だ。自分は神と一体だ。
自分は神の目論見に参与している。宇宙は創造的進化の過程にある。
この一瞬一瞬が宇宙の新しい創造なのだ。進化は創造の継続である。
神の思惟が、そのプロセスを動かしていく。

人間の意識はその神の思惟の一部としてある。
その意味において、人間の一瞬一瞬の意識の動きが宇宙を創造しつつあるといえる。

こういうことが一瞬にしてわかり、私はたとえようもない幸福感に満たされた。
それは至福の瞬間だった。神との一体感を味わっていた」


「神とは宇宙霊魂あるいは宇宙精神(コスミック・スピリット)であるといってもよい。
宇宙知性(コスミック・インテリジェンス)といってもよい。
それは一つの大いなる思惟である。
その思惟に従って進行しているプロセスがこの世界である。
人間の意識はその思惟の一つのスペクトラムにすぎない。
宇宙の本質は、物質ではなく霊的知性なのだ。この本質が神だ」

「人間というのは、自意識を持ったエゴと、普遍的霊的存在の結合体だ。
前者に意識がとらえられていると、人間はちょっと上等にできた動物にすぎず、
本質的には肉と骨で構成されている物質ということになろう。
そして、人間はあらゆる意味で有限で、
宇宙に対しては無意味な存在ということになろう。
しかし、エゴに閉じ込められていた自意識が開かれ、後者の存在を認識すれば、
人間には無限のポテンシャルがあるということがわかる。
人間は限界があると思っているから限界があるのであり、
与えられた環境に従属せざるをえないと思っているから従属しているのである。
スピリチュアルな本質を認識すれば、無限のポテンシャルを現実化し、
あらゆる環境与件を乗り越えていくことができる。
人が死ぬとき、前者は疑いもなく死ぬ。消滅する。人間的エゴは死ぬのだ。
しかし、後者は残り、そのもともとの出所である普遍的スピリットと合体する。
神と一体になるのだ。
後者にとっては、肉体は一時的な住み処であったにすぎない。
だから、死は一つの部屋から出て別の部屋に入るというくらいの意味しかない。
人間の本質は後者だから、人間は不滅なのだ。
キリスト教で人が死んで永遠の生命に入るというのも、
仏教で、死して涅槃に入るというのも、このことを意味しているのだろう。
だから、私は死を全く恐れていない」


「人間は宇宙に進出することによって地球生物から宇宙生物に進化した。
人間の地球生物時代は、宇宙生物としての人間の前史にすぎない。
前にもいったように、宇宙は創造的進化の過程にある。
サルから進化した人類が誕生したところで、進化はその頂点に達し、
ストップしてしまったわけではない。
人類の時代になってから、進化は人間の意識の拡大という面で急速に進んできた。
そしていま、宇宙生物となり、コスミック・センスを獲得するようになった。
ここから人類の新しい時代が始まる」

「進化の方向ははっきりしている。
人間の意識がスピリチュアルに、より拡大する方向にだ。
つまり、イエスとか、ブッダとか、モハメッドとかは、
早くからこの進化の方向を人類に指し示していた先導者なのだ。
どんな進化でも、種全体が大きく変わる前から、
進化の方向を先取りして示す個体があるのと同じことだ…
そして、この宇宙をより正しく、よりスピリチュアルに理解するようになる」

「私も進化の方向は、神との同一性に無限に近づいていく方向にある
と思っているが、私の考える神は、キリスト教の神ではない。
ちなみに、ユングからも私は影響を受けている。
人間が集団的無意識を共有しているという彼の考えは正しいと思う。
しかし、その集団的無意識の根拠は人間が原始時代から蓄積した
経験の集積に求められるべきではなく、エゴから離れた意識の面においては、
全ての人間が神につらなっているのだということに求められるべきだろう」


エド・ミッシェルの神秘体験
http://mujaki666.seesaa.net/article/125262035.html

hadou7.jpg

今思い出したが、かつて獣の最大の夢は「宇宙旅行」だった。
20歳の頃にニュースキンを始めて、「夢の100リスト」を書かされた。
「ブレインダンプ」と同じ作業だが、もちろん「宇宙旅行」も書いた。
その結果、肉体ではなく霊体だが、今では宇宙に行けるようになっている。

それはともかく、人間の究極目標は「宇宙進化」であり、
「新たな宇宙の創造」で、大宇宙の意志と完全に合致したものである。

その究極目的は、真我に目覚めないと認識することができない。
故に、真我に目覚める前の段階では、そのことを理論的に理解し、
過去完了形で潜在意識に一度だけインプットする必要がある。

ロウソク瞑想や腹式呼吸で脳波を下げ、今から実践してもらいたいと思う。
それが獣の願いなので、読者が実践したことを過去完了形で思うことにする(笑)

以下の記事も改めて目を通して頂ければと思う。

自叙伝『破滅に向かって』C
http://kemono666.seesaa.net/article/293119787.html

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

posted by ZERO at 01:28| Comment(6) | 自己啓発・自己実現 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
獣さん、いつもありがとうございます。獣さんの書く歌詞、もっと読んでみたいです!!
私の方は…言霊の歌の完成を急いでます。私自身の完成はまだ先のようですが……。作者は私であり獣さんでもあります。自分は無償で曲を提供しているので印税は入りませんが(笑)
獣さんは、もう使命期間が終わりとのことですが、私はまさにこれからです。本当にお役目、ご苦労様です。私は、私の歌を歌うことで、終わりに近づいていけたらいいな…って思います。
理解されなくても、評価は厳しくても、堂々と言霊のアルバムをひっさげて、来月、素人なりに、ある野外ステージでピアノ弾き語りという形で、曲を初披露します。
周囲からは、もっと簡単で、みんなが分かるライトな曲を…って言われましたが、敢えて、私の言葉で私の歌を歌うつもりです。何曲かは、仕方なく合わせましたが…(笑)。人がどう思うかじゃなく、ただ、私は、自分の使命を果たすまでです。ありのままを自分なりに表現しぶつけるまで。楽しいだけの道など最初からなかった。今は全て受け入れています。ありがとうございます♪
鎮魂、浄化から覚醒へ。獣さんの声も、織り混ぜながら、そして、獣さんの声とともに、どこまでも響き渡っていくことを祈ります。私に力がないので、獣さんにはまだ届かないみたいですね(涙) けど…見つけ出してくれたら、嬉しいです。その為にも、毎日、ひたすら御霊を磨くしかないですね。戦いの前の緊張と興奮で、気が乱れまくりですが……(汗)
いつも、お導きありがとうございます♪期間が許す限り、宜しくお願いします♪
Posted by サクヤ at 2012年10月28日 11:28
それは素晴らしいですね!^^
どこの野外ステージなんですか〜?
Posted by 獣 at 2012年10月28日 23:28
獣様いつも見させてもらってます。
今朝、国家資格の不合格通知が届き、ガッカリしてます。
試験当日はミニロゴストロンを持って試験に行きました。ほぼ毎日瞑想はしてます。合格したと過去完了形で心に刻んだのですが、結果はだめでした。
私は獣様のようにIQ180もないので、獣様のようにIQを高くしたくて、私のIQは180と心に刻んでますが・・・なかなか
Posted by at 2012年11月13日 11:57
獣様のようにIQ180と過去完了形で願うと実現しますか?
Posted by at 2012年11月13日 12:40
いつもありがとうございます
Posted by at 2012年11月13日 12:42
いつも閲覧いただき有り難う御座います。
国家試験、受けるだけでも凄いですね^^;
不合格は、見通しの神の配剤である可能性もあり得ます。
でもチャレンジしたいと思うならチャレンジすれば良いと思います。
が、IQが高くても賢くなるとは限りませんよ(笑)

試験は記憶力やリラックスの問題だと思うので、
ヘミシンク装置を使用すると良いと思います。
以前調べた中では、マイトレーナーaxがお薦めです。
深い瞑想に入る為にも最適です。
http://kemono666.seesaa.net/article/235568352.html
Posted by 獣 at 2012年11月13日 14:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。