2012年11月06日

心と食物と人相と……

『心と食物と人相と』(谷口雅春)

生長の家では宗教上の戒めとしてだけでなく、
環境問題の面からも肉食を控えることは重要であると教えられています。
つまり、食肉を生産する為には、広大な牧草地や大量の飼料が必要となり、
その為に森林伐採や二酸化炭素の排出など、環境に大きな負担を与えているからです。

生長の家の創始者である谷口雅春先生は、
環境問題が叫ばれる以前から肉食の弊害を説いてきました。
本書は、食物と心と人相の三つの関係について述べられており、
「食物は心を変え、人相を変える。
そして人間は心によって行動し、人相を観れば運命が予言できるとすれば、
食物の選択如何は人類の運命を変える」

と、食物の大切さを説かれています。

第一部「健康と食物と心の関係」では、人間の望ましい食事や食物が
心や体に与える影響などについて述べられています。
第二部「肉食と平和の問題」では、平和論と殺生食や、
肉食と殺生の問題などについて具体例を挙げながら述べられており、
肉食が日常的になったことによる悪影響について触れています。

動物食について著者は、「動物が殺される時の恐怖や怨恨や憤怒の感情が
動物の腺組織を刺戟して発生した毒性ホルモンが死骸に含まれているので、
その死肉を食する人間は、殺害されつつある動物の、
殺害者に対する闘争の感情を掻き立てる毒素が、肉食者に経口的に移る」
と説き、さらに「豊葦原の瑞穂国に生まれた人間は、もっと本来の食事、
米食に還るべきであります」と続けます。

私達は、日本人が長い間に渡って大切にしてきた食生活を、
もう一度見直すべきではないでしょうか。
第三部「生長の家の観相学――人相・体質・相性について」では、
人相と運命を改善する方法について学ぶことができます。


EPSON605.JPG


運命を変える術を霊得した男
天の相法――――水野南北

EPSON692 (2).JPG

EPSON693.JPG

EPSON694.JPG

EPSON695.JPG

EPSON696.JPG

EPSON697.JPG

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
posted by ZERO at 23:02| Comment(0) | 食育革命と超人進化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。